open close button
 
instagram Facebook Twitternote
wave bottom

SUMMARY

2020年12月から2021年3月にかけて開講された、FIELD PROJECT(※)参加者のプロジェクトを紹介します。
今回は、山本朗弘さん(東京都・株式会社ウチダシステムズ)「隔てる垣根から『yose-gaki』へ 〜みどりで福祉を向上させる〜」です。

※参加者一人ひとりがSOCIAL GREEN DESIGN のプロジェクトをそれぞれのフィールド(場所)で企画し、実践していくために行う、実践志向型のワークショップです。2021年からはFIELD PROJECTからSCHOOLという名前に変更し、運営しています。

プロジェクト概要

福祉施設で求められている「地域とのつながりづくり」はなぜ進まないのか、という問題意識から始まったプロジェクトです。FIELD PROJECTを通して、施設と地域の想いが結びついていないことに気づき、「みどりでお互いの『垣根』を下げる。そして、関わるひとを増やす。」というテーマで、今後、本来隔てるものである垣根に、新しい価値・意味を⾒出した「yose-gaki」を作っていきます。

山本さんからのコメント

25年間、福祉施設の備品のコーディネートや建物の内部設計をしてきました。
お客さんとともに作り上げていくのがコンセプトです。
暮らしぶりをビジュアル化したり、施設内を子ども食堂にしたりという活動もしています。
みどりによって、福祉施設のもったいない外構を人を惹きつけるものに変えられるかもしれません。
好きなみどりはハーブで、料理に使用します。

最終発表スライド

最終発表グラレコ

最終発表動画

SOCIAL GREEN DESIGN<FIELD PROJECT>
「みんなのアイデアを伝える」プレゼンテーション・ライブ配信(2021年3月6日配信)

山本さん発表|12:23〜
ゲストコメント|25:55〜

SUMMARY

wave
wave
wave
TOP