open close button
 
instagram Facebook Twitternote

SCHOOL

スクール

矢印
wave top
イラスト

SOCIAL GREEN DESIGN(SGD)が主催するSGDスクールは、 これからの社会に求められる「みどりのビジネスとデザイン」について学び・企画する、実践型のスクールです。

SGDスクールでは、今日私たちが抱える社会や環境に関する課題の改善や解決に向けた新しいみどりのあり方について考え、それを事業として企画・実践していくための方法を学びます。
このスクールでは、課題が与えられるのではなく、参加者がそれぞれの事業で抱える課題やアイデアを題材として持ち込み、新しいみどりのビジネスを企画・実践するための方法を、レクチャー、ディスカッション、フィールドワーク、プレゼンテーションなどを通じて体系的に学び、その成果をプレゼンテーションとしてまとめます。2023年度より、スクールは個別申込によるオーダーメイド形式で開催します。期間や内容や実施形式(オンラインでの実施も可)については、参加者の希望に合わせて柔軟に調整した上で実施します。皆様のご参加をお待ちしております!

 
wave
wave
wave
 
参加者随時募集中

SGDスクールプログラムの基本構成
(サンプル)

第1回

ソーシャルグリーンデザインの視点 ・レクチャー/・ディスカッション

矢印
第2回

社会課題のリサーチ ・レクチャー/・ディスカッション

矢印
第3回

ソーシャルグリーンデザインの多様なデザインアプローチ ・レクチャー/・事例視察/・ディスカッション

矢印
第4回

みどりのビジネスモデルの考え方 ・レクチャー/・事例視察/・ディスカッション

矢印
第5回

グリーンビジネスのプレゼンテーションの方法 ・レクチャー/・プレゼンテーションのブラッシュアップ

矢印
第6回

プレゼンテーションとフィードバック ・専門家ゲストに向けたプレゼンテーション/・ディスカッションと今後の展開に向けたフィードバック

矢印

応募詳細

  • 応募者の方とはオンラインで面談を行い、応募の背景について詳しくお伺いし、実施する期間や内容について検討します。
  • 本スクールは社会人向け・企業向けのプログラムとなりますが、参加者の職種、専門、経験は不問です。
  • スクールへの参加金額は、プログラム内容に応じてお見積もりの上、調整を行い決定します。金額の目安として、1回(2時間)あたりの実施費用は6万円程度となります。また、SGDコミュニティメンバーならびに非営利組織に向けた特別割引制度もあります。
    (SGDコミュニティメンバーに関してはこちらから)
wave
wave
wave

SGDスクールのポイント

SSGDスクールの最大の特徴は、受講者の皆様が自身の事業や課題を持ち込み、スクールを通じて新しい事業やプロジェクトの立案につなげていただけることです。また、スクール終了後も実現に向けたフォローアップをさせていただきます。

flow
flow

こんな人におすすめ

  • 地域に根差した、やりがいのあるみどりの仕事を模索している造園業の方
  • みどりに関する施策のアイデアにお困りの自治体担当者
  • 所管する公園や緑地、パブリックスペースをもっと沢山の人に使ってほしい管理者
  • 自分の庭や耕作放棄地を地域のために役立てたいと思う個人の方
  • 同じ興味をもつ多分野のコミュニティに参加したい方
イラスト
イラスト

こんなことが学べます

wave
wave
wave

講師

三島 由樹
三島 由樹 
株式会社フォルク 代表取締役 / ランドスケープ・デザイナー
1979年 東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。ハーバード大学大学院デザインスクール・ランドスケープアーキテクチャー学科修了(MLA)。マイケル・ヴァン・ヴァルケンバーグ・アソシエーツ(MVVA)ニューヨークオフィス、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻助教の職を経て、2015年 株式会社フォルクを設立。 これまで、慶應義塾大学、芝浦工業大学、千葉大学、東京大学、日本女子大学、早稲田大学で非常勤講師を務める。​登録ランドスケープアーキテクト(RLA)
石川 由佳子 
一般社団法人 for Cities 共同代表理事 / アーバン・エクスペリエンス・デザイナー
「自分たちの手で、都市を使いこなす」ことをモットーに、様々な人生背景を持った人たちと共に、市民参加型の都市介入活動を行う。( 株) ベネッセコーポレーション、( 株) ロフトワークを経て独立、一般社団法人for Cities を立ち上げ。「都市体験の編集」をテーマに、場のデザインプロジェクトを、渋谷、池袋、アムステルダムなど複数都市で手がける。学びの場づくりをテーマに、アーバニストのための学びの場「Urbanist School」、子供たちを対象にした都市探求のワークショップ「City Exploration」を実施。最近では、渋谷区のササハタハツプロジェクトにて街路樹のオンラインデータマップ化を目指す「Dear Tree Project」を立ち上げ、都市のみどりづくりにも携わる。
https://linktr.ee/YukakoIshikawa
wave
wave
wave
wave
wave
wave
TOP