open close button
 
instagram Facebook Twitternote
wave bottom

SUMMARY

#TAG

SOCIAL GREEN DESIGNもいよいよ本格的にスタート!プレ期間を経て、今年度はどのような取り組みが始まるのでしょうか?地域の役に立つみどりをつくりそれに関わる人を増やしていくために、「SGDトーク、SGDスクール、コミュニティ」という主に3つの活動が立ち上がるようです。ただ作って終わりのみどりが、生かされるみどりになれば、日本のみならず世界の風景がより良いものになっていくに違いありません。そのような壮大なスケールを感じるこのプロジェクトについて、2021年5月28日(金)19時から21時半の日程で、仕掛け人の3人によるトークイベントが開催されました。その模様を振り返ります。

※noteでより詳しい記事を公開しています。

<オープニングイベント当日の内容>

SOCIAL GREEN DESIGNが生まれた背景
SOCIAL GREEN DESIGNとは?
SOCIAL GREEN DESIGNの方向性
ゲスト3名によるディスカッション
SGDトーク、SGDスクール、コミュニティ

SOCIAL GREEN DESIGNが生まれた背景

まずはじめに、(株)ユニマットリックの代表である小松正幸さんからSOCIAL GREEN DESIGNに至った経緯についてお話しいただきました。創業30周年で、「人にみどりを、まちに彩りを」というミッションが生まれたそうです。エクステリア・ガーデンの事業領域にどっぷりの会社でしたが、これをもっと社会に開かれ、子供が憧れるような職業・仕事にしたいと本気で考えたとのこと。そのような時に、発起人の三島さんや神木さんと出会い、SOCIAL GREEN DESIGNの立ち上げに繋がったそうです。

SOCIAL GREEN DESIGNとは?

次に、(株)フォルクの三島由樹さんからもSOCIAL GREEN DESIGNに至った経緯とその具体的な内容に関してお話しいただきました。アメリカ留学の経験から、ランドスケープデザインはただ綺麗な場所を作るだけではなく、社会のデザインであると考えるようになったそうです。SOCIAL  DESIGNのみどりの分野に特化した取り組みがSOCIAL GREEN DESIGNで、もの・場所・文化・制度、など、みどりに関わる全てをGREENとして考えているとのこと。AJIROCHAYAや下北線路街園藝部の事例紹介も踏まえながら、わかりやすくご説明いただきました。

SOCIAL GREEN DESIGNの方向性

次は、KAMIKIKAKUの神木直哉さんより、今後のSOCIAL GREEN DESIGNの方向性についてお話しいただきました。みどりや公園は誰のため?と考えたときに、次世代の子供たちを思い浮かべるとのこと。みどりのある生活をぜひ若い人に知っていただきたいと考えているそうです。住民参加型のガーデンを作る亀岡市の事例もご紹介いただきました。

ゲスト3名によるディスカッション

最後に、「みどりはただあるだけじゃダメな時代らしい」「SGDとビジネス」「市民にどう届けるか」という3つのテーマに沿って、進行役の谷岡さんとゲスト3人によるディスカッションを実施。視聴者からの質問にもその都度答えていくようなやり方で行われました。

具体的な内容についてはこちらのnoteの記事をご覧ください。質問をたくさんいただき、ありがとうございました。

SUMMARY

#TAG

wave
wave
wave
TOP